2011年01月01日

明けましておめでとうございます

2011年を迎えました。
日本のお寺の鐘は内側に反(そ)っていて、外から衝きます。腹の底に響くような深い音がします。
ハンドベルの鐘は外側に反(そ)っていて、中から衝きます。澄んだ開放的な音がします。
日本人がハンドベルを演奏する時、どんな音を出したいと考えるのでしょうか。
メンバーがとても気に入っている曲に、児玉勝己編曲の「さくら」(日本古謡)があります。
琴のような短い響きをつなげながら、最低音はずしんと重い音がいいなと思います。
posted by ふくいんかんべる at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。